スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床擦れのさくら

    夕方

    ご飯をほぼ完食し

    元気になったかなぁ~

    ・・・と喜んだのも束の間、

    右足大腿部、骨が突き出るところに

    床擦れ。

 

    以前もここが赤くなっているのは

    わかっていたのですが、

    今日、

    床擦れ部に穴が開いているのを見つけました。

 

    気を付けていたつもりだったのに

    ・・・

 

    床にちーをするたびに

    さくらの体のむきを

    変えてい上げていたのですが、

    昨日あたりから

    ちーの回数が

    減っていたのです。

 

    それでつい、

    今日の夕方まで気付かなかったのです。

 

 

 

 

    痛々しいです。

 

 

    本人は今も

    静かに眠っています。

    痛かったろうに・・・

 

 

 

    本当にごめんね、さくら・・・

 

 

    なんとかせねば・・・

続きを読む

スポンサーサイト

さくら、まだまだがんばる

   実のところ、

   昨晩はさすがに厳しいかと思っていました。

 

   呼吸の1回1回が

   本当に大変そうでしたから。

 

   夜、眠る前に

   これが見納めになるかもしれない

   とも思っていました。

 

 

 

   でも

   朝、5時OK!

   

   OKどころか、昨日より呼吸が楽そうなのです。

「・・・ふぅ・・・」

 

 

    ごはんだって

   このとおり、

 

   がじがじがじがじ・・・

 

 

 

   だんなの手から

   もりもり

 

   結局、完食。

 

   あまりの回復ぶりに

   感涙です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・ほ・・・」

 

 

 

 

 

 

「さくらちゃん、どない?」

 

「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   お水もぺろぺろ

 

   ・・・っくん・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    さくらは

    まだまだ

    生きようとしています

 

    もう一度

    お散歩できる日が来るでしょうか…!?

続きを読む

さくら、食事減る

   さくらは

   今日は朝から

   具合が今一つです。

 

   朝の食事はほんの一口二口程度。

   夕方もそうでした。

 

 

   あれほど大好きだったのにね

 

   ご飯を食べさせてあげたいです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

   今日も夕方はシャワーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   止血剤のおかげで

   何とか血は止まりました。

 

   目がぱっちり開くのも

   時々です。

 

   大部分の時間はうつらうつらです。

 

   大きくお腹全体で呼吸をしています。

   食事を取る量は減りましたが

   それでもさくらはまだ生きることをやめません。

 

 

   だから、私たちもがんばります。

 

 

 

「・・・ふ・・・」

続きを読む

たまには飲みに

   お散歩はそろそろ終わりですが・・・

「もう少し、歩いて行きたいですね!」

 

 

 

 

 

 

 

「じゃあ、今日はこれから3人で飲みに行くでありんす」

 

「ザッツ グゥッド!行キマショウ」

 

 

 

 

 

 

 

「ぼくも一緒に行っていいんですね!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「楽しみですねぇ、まっしゅさん!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ここらへんでよろしいでありんしょ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「OK! 2014年モノデース!」

 

   ばりばり、ごくごく

 

 

 

 

 

 

 

 

「かん兄さんも召し上がりんしょ」

 

「はいっ!」

 

 

 

 

    ・・・

    3分後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ぼっ、ぼくもう酔っぱらったみたいです・・・

 うぇっ、うぇっ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

「うえぇ~~」

 

 

 

 

 

「ぼく、すぐ酔っ払っちゃいましたよ。

 大きくなったら、もっと飲めるようになるんですか?」

 

 

     あなたはもう十分大きいです。

 

 

 

 

 

「かん兄さんは弱すぎでありんす」

 

 

 

 

 

    まっしゅはまだざるのようにごくごくむしゃむしゃ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    もう、そろそろ帰ろうよ。

 

「ボカァ、マダマダイケマスヨー」

続きを読む

さくらのプチシャワー

   さくら、今朝もお目覚めできました

   当たり前の朝が

   嬉しいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・く・・・く・・・」

 

   お水も何とか

   飲めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   今日は夜、

   久しぶりに

   下半身だけシャワーを浴びました。

 

   連日の血のような膿に

   お尻がずいぶん汚れていたので。

 

   シャワーの負担を最小限にするために

   下半身のお尻周辺のみにしました。

 

「・・・ふ・・・」

 

   シャワー後は案の定、ぐったりでした。

   ごめんね

   つかれたかな・・・

続きを読む

ぐったり さくら

   昨日までは

   だんなが二日間、休みを取って

   付き添うことができました。

 

 

   今日は奥さんが丸一日さくらに付きました。

 

   今日のさくらは

   息遣いがしんどそうで

   昨日みたいに上半身を自分で支えることもできずに

   ぐったりしたままだったようです。

 

 

 

 

 

 

   おしっこといっしょに

   どろっとした膿に血が混じったものも

   けっこうたくさん出てきています。

 

   子宮内の傷ついた所から

   一斉に吹き出ている感じです。

   抗生物質ではもう抑えきれないのでしょうか。

 

   そんなこともあり、

   だんなが帰宅した夕刻時には

   かなりぐったりでした。

「・・・ふ・・・」

 

 

    痛くても

    苦しくても

 

    さくらはうめき声一つ上げません。

 

 

    床擦れ防止で

    体の向きを変える時も

    「貧血で気分悪いのでそっとやってよ!」

    と言いたいのかもしれませんが

    ぐっとこらえています。

 

 

    昨日はずいぶん表情もあり、

    ひょっとしたらとも思い、

    希望的観測を記しましたが、

 

    今日は一転、

    きびしいさくらです。

 

続きを読む

さくら、少しずつ快方へ

   応援してくださっている方々へ

 

   本当に応援メッセージをありがとうございます

   なんとか

   さくらは、快方へ向かっているような気がします

 

 

   朝5時

   お目覚めです

   おしっこがシートにいっぱいいっぱいでした

 

 

   快方・・・とは言っても

   まだとても外へ連れ出すようなことは難しい気がします

   全身脱力で、足腰に力は入らないようです

 

   でもとにかく

   食べられるし

   飲むことができています

「・・・む・・・む・・・」

 

 

   食べられているうちは

   まだ

   大丈夫と思っています

   これは

   ごんべやむっくーたちがそうでしたから。

 

 

 

「さくらちゃん、具合、どない?」

 

「・・・ふぅ・・・」

 

 

 

 

 

    頭を持ち上げて

    水を飲んでくれるので

    びっくりです

 

    誰かの念力だな、これは

「・・・ん・・・ん・・・」

 

 

 

 

   今日も何とか1日

   仕事を休めたので、

   自宅で宿題に取り組みつつ、

   介護します

 

 

 

 

 

 

「・・・ふ・・・」

 

 

 

 

 

「さくらちゃん、気分良さそやな、だんなはん」

 

    うん!

続きを読む

さくら、ご飯を食べ、水を飲む

   午前2時

   大丈夫、

   おしっこもしていない

   息遣いは穏やかというわけにはいかないが

   安定しているように見えます

「・・・す・・・」

 

   このまま、朝を迎えられますように・・・

 

 

   もう一度

   かわいい目をくりっと

   させてほしいな・・・

 

   と願いつつ

   わたしはもう一度床に就きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   そして朝5時

「さくらちゃん、寝てやんで」

 

「・・・す~・・・」

 

 

    まずはほっとしました。

 

 

 

    ほどなくして

「・・・ん・・・?」

 

    目を覚ましました

    よかった~~・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

    朝のおしっこをした後

    ぺろぺろとしていました・・・!

 

    えっ!!

 

    それって、ごはん!?

 

「・・・む・・・む・・・」

 

    手からですが、

    ごはん、いつもの半分ほどを

    食べてしまいました

 

    やぁ~~

 

    すごいすごい

 

    あっ、

 

    お水飲みたいんじゃない?

 

    保水器で水を上げ始めたら

    首を持ち上げたので、

    そのまま器を差し出してあげました

 

「・・・く・・・く・・・」

 

    うん、うん、

 

    よく飲んでくれる

 

 

 

 

    そして・・・

 

 

「・・・ふぅ・・・」

 

    ぱたり

 

 

 

 

 

    朝はここまで

 

    あとは2回ほどおしっこをしましたが

    眠っています

 

 

 

    お医者へ連絡したところ

    

    「水も飲めないようなら

     点滴というのもありますが・・・」

 

    要はもうほとんどしてあげられることはない、

    とのこと。

    口から補水できるのなら

    スポーツドリンク系を上げてもよいとのことでした

 

 

    う~ん・・・

 

 

    このまま

    様子を見ていてあげるしかないのか~~

 

 

 

    8月25日(月)

    11時現在・・・

    今のところそんな状況です。

 

    ご心配いただいているみなさん、ありがとうございます。

 

    今日は1日、さくらに付き添えることになりました。

    見守っていこうと思います。

続きを読む

さくら!・・・さくら!

   昨日からさくらの

   具合がよくありません。

 

   朝起きたときには

   珍しく・・・というより

   初めてひどい寝相の朝でした。

 

   息遣いが荒く、

   そして大量のおしっこ。

   いつものおむつが

   溢れんばかりでした。

 

   そして血尿。

 

   そして

   これは昨日の夕方↓

   ふらふらで

   散歩中2回倒れました。

   おトイレをそこそこにして

   家でお休み。

「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   そして今朝

 

   今朝は朝からぐったり。

 

   おしっこは大量で、

   おむつから溢れていました。

 

「も・・・」

 

   うん、まあ

   気にしない、気にしない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   全身脱力なので

   体を支えられません。

 

   いつもなら朝一番に

   おしっこに連れ出すのですが

   今朝はそれもできません。

 

   おむつを替えてあげて

   さあ

   お水を飲みなさい

「・・・ん・・・ん・・・」

 

 

    食事は何とかいつもの半分。

    それだけでも

    よかった、よかった・・・

 

 

 

 

 

   ぱたり

 

 

「ふ・・・」

 

 

   おしっこが大量に出ており、

   水の補給ができていません

 

 

 

 

 

   ちょっと、しっかり・・・!

   ほら、

   飲みなさい

 

「・・・ん・・・ん・・・」

 

 

 

 

 

 

 

   今日は血尿こそ出ていませんが

   陰部からは相変わらず

   どろっとした

   粘液のようなものも

   出続けています。

 

   食事も夜はとれていません。

 

   かなりきつそうです・・・

 

「ふ・・・ ふ・・・」

 

 

 

 

    明日

    先生に診ていただいて

    点滴してもらうね

 

    きっと

    楽になるよ

    元気になるよ

続きを読む

お兄やん、大好き

 

 

 

   今日は久しぶりに子どもたちの帰省の日。

 

   ちゃっぴーずは車の音に反応しています。

 

「うぉん!うぉん!」

 

「誰や、ぼくんちに来たんは!!」 

 

 

 

   だんなの子ども達登場。

 

 

 

「お兄ちゃん、どちら様や?」

 

    だんなの子どもたちですよ。

 

 

 

 

 

「お兄やん、ぼく、けろよん、いうねん。

 そこ、ぼくの定位置やねん」

 

 

 

 

 

「お兄やん、ここにぼくも寝ころぶで」

 

   どうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お兄やん、ぼくら、もしかして気ィ合ってんのとちゃう?」

 

   そうかなぁ・・・

 

 

 

 

 

   場所が変わってもほら、この通り

 

 

「お兄やん、ぼくずっとついて行ったんで」

 

 

   ほとんど弟に近い感覚です。

 

続きを読む

すってん ちょうすけ

「あっしの名はちょうすけという けちなやろーでやんす。

 先代より組を守るよう仰せつかって以来、

 2代目のお嬢をお守りするのが

 あっしの役目。」

 

 

 

 

 

 

 

 

「おっと、あっしの後ろにゃ

 まわらないほうがいいでやんすよ。

 いつあっしの牙が

 おたくさんの喉もとに行っちまうか

 わかりやせんから」

 

    「おじさん、

     かっこいいですねぇ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヘ~イ、グランパ

 足ガ 震エテイマスヨ~

 アーユーOK?」

 

 

 

 

 

 

すってん!

 

 

「おじさん、大丈夫ですか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あっしとしたことが

 ちょいとよろめいちまったでやんすよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おじさん、気を付けてくださいよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ちょうのおっちゃん、

 時々よろめきはんねん。

 だんなはんが起こすの手伝うたら

 いらん言いはんねんで」

 

 

 

    起こしてあげようと

    手を差し伸べると

    「いらないでやんす」と言います。

 

    結構プライド、高いです。

 

 

 

 

 

「へっへっへ

 あっしとしたことが、

 面目ねぇことでやんす」

 

 

 

 

 

    ちょうすけ。

    多分ちゃっぴーず最高齢のおじいさん。

 

    愛護センターからやってきたのは

    2011年の5月のこと。

    その時にはもう夏は越せないだろうとの

    お医者のお見立てでした。

    肝臓に障がいがあり、やせ細っていました。

    加齢のためか、脚ががくがくと震え続けていました。

 

 

 

    それでも

    みなと同じように

    散歩をし、

    仲間に加えてもらい

 

 

    姐さんに忠誠を誓ったのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

    1日のお勤めが終わればぐったりですが

    まだまだ元気。

 

    がんばろうね、ちょうすけ。

 

続きを読む

爆発、けろよん

  買い物に出たほんの1時間ほどの出来事。

  戻った時には

  ビニールが散乱し

  お菓子が食い破られ、

  鉢がひっくり返されていました。

 

 

 

  わー

 

  紅茶サーバーが割れている~~

 

  ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

  犯人はこの子。

「え!?ぼくでっか?」

 

 

  そうですよ、まったく!もう!

  ばっくれようったって

  だめですよ。

 

 

 

 

 

 

                      「ぼくも見ていましたよ」

 

「現場を抑えられていたんじゃ、しゃあないな」

 

 

 

 

 

 

   とにかく、割れガラス始末するから

   そこでじっとしていなさい。

「は~い」

 

 

 

 

   けろよんによる

   部屋荒らしが始まったのは2週間ほど前から。

 

   ごみ散らかしからでした。

   その後、

   置いておいた菓子やドッグフードを食べられ、

   犬たちを行かせない部屋の方で小便をされていたこともありました。

 

 

 

   これまでなんとなく暗黙のルールを守れる子たちばかりだったので

   ここまで奔放にやられるとは

   ちょっと想定外でした。

 

   もちろん手を打っていなかったわけではありません。

   知恵比べです。

 

   隣の部屋へ行かせない手を講じたり、

   漁られそうなゴミ袋は手の届かない所へ置いたり。

 

   でもいつもけろよんは、私たちの上を行くのです。

   

   帰宅して部屋の惨状を目の当たりにすると

   正直がっくりくるのですが、

   それより何より、ダメージが大きいのは

   なんだか裏切られたなぁ・・・という受け止めをしてしまうことです。

 

   犬だから『いたずらをしてやろう』などという

   感覚を持ち合わせていないのはわかっています。

 

   普段、私の足元から離れようとしないほど懐いてくれているのになぁ・・・

   人がいなくなった途端に豹変するんだもんなぁ・・・

   もちろん

   その感覚も間違っているというのもわかっているつもりです。

 

 

   う~ん

   さて、どうしたものか。

   ケージ生活かなぁ・・・

「ぼく、つながれるの、嫌やなぁ」

続きを読む

さくらの自立

    さくら、おはよう

    散歩だよ

 

「・・・は・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   いっとき、癲癇の薬のせいなのか

   歩けなくなった時期がありました。

 

   でもここ4~5日元気にお散歩できるようになってきました。

「・・・はっ・・・はっ・・・」

 

 

 

 

 

 

    ただ、散歩が終わればぐったり。

「・・・ふぅ・・・ふぅ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    よく食べ、

    よく歩き、

    よく寝ます

 

    それなりにいい感じですが

    床擦れを見つけてしまいました

 

    すぐ、お医者へ

「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    「良かった、まだ初期段階ですよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    「このあたりにもできやすいので、注意が必要です」

 

 

 

 

 

 

   お医者、終了。

   ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

   とある講演会で

   「自立とは・・・極論を言うようですが・・・」

   とお断りをされながらとある先生がおっしゃいました。

   「『存在すること』そのものだと思うのです」

 

   「高熱で苦しんでいる幼子を抱きながら

    親はできるものなら代わってやりたいと思うモノです。

    でも代わってあげられないのです。

    それが『存在』です。

    だから

    たとえその子が

    立てなくても

    おむつをしている子でも

    いてくれるだけでいい。

    それが『自立』です。」

    と締めくくられました。

 

 

    これは子どもの自立をテーマに

    話をされたときの一部です。

    この先生は

    ご自分の子ではないのですが、

    この夏に重篤な障がいをもった子どもを見送ったそうです。

    寝た切りの子ですが、

    できることをご両親とともに模索してこられました。

    少しでもできることが増えれば

    ご両親と手を取り合って喜び合ったそうです。

 

    その子を見送ったときに

    「自立」について

    ふと、そんな思いが浮かんだのだそうです。

 

 

    わたしもまたいろいろな人の顔が浮かび、

    そして

    すみません、最後に

    さくらのことが思い浮かびました。

 

    さくらもいてくれるだけで、うれしいです。

「・・・ん・・・」

続きを読む

あんこ菌!

【あんこ菌】

犬の中でも、パグにのみ感染をする。

感染方法は空気感染、接触感染。

潜伏期間はおよそ1週間。

その後発症すると、あんこと同じ生態を示すようになる。

 

 

 

あんこ菌感染中 その1

 ↓

 

 

 

あんこ菌感染中 その2

 ↓

「え゛っ、ぼく感染してんの?」

 

 

 

「気の毒やけど、感染させてもたかもしれへん」

 

「なんや、ぼくかなんわ~~」

 

 

 

 

 

 

 

 

あんこ菌発症の症状 その1

「このぐでーっってしてるのは、あんこ菌のせいなん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんこ菌発症の症状 その2

   だんなはんの布団にもぐりこむのも?

 

 

 

 

 

あんこ菌発祥の症状 その3

    つい、あんこの隣に同じポーズでべったんこになるのも?

 

 

 

 

 

 

 

 

「けろちゃん、うちの真似せんといて!」

 

「え゛!ぼく無意識ですわ!」

 

 

 

 

 

「それは相当症状が進行してんのとちゃうか」

 

 

 

 

 

 

 

 

   基本的にあんこの行動パターンが似てきています。

   他の犬には感染しません。

 

 

 

 

「ぼく、なんでもありませんよ」

 

 

 

 

 

 

「だんなはん、けろちゃんな、なんか治療してもらった方がええのとちゃうか?」

 

    そんなもん、ありません。

続きを読む

シエスタ!

    午前中から

    うだるような暑さです

 

    もう、どこにいても

    きついです 

 

「・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だんなはん、外組の子ら、干からびとんのとちゃう?」

 

     うん、かなりきついね

 

     室内へ避難させましょう

     そういうわけで

     我が家ではそうそうない

     エアコン稼働を決議

 

     ちゃっぴーず、7頭全員室内に入りました

「オ~マム、アイム ソウ ムーヴド

 涼シクテ、感激デスヨ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「りんすちゃんが、感激のあまり

 こいこい見せてくれるって言うてんで」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・こいこい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いかがでありんすか?」

 

     はいはい、ありがとうね

     もう休んでいいよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

zzz・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

zzz・・・

      ホントにいびきかいてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

す~・・・す~・・・

 

     泥の中に沈むような眠りに入りました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・」

 

    耳飾りは特に意味ありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「アイム スリピ~・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

    ・・・あれ?

    誰か足んないような・・・

 

「かんの兄さんでありんしょ?」

 

    あれ、そうだ

    どこ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ぼくはクーラーなくても平気ですよ」

 

    へぇ~、あ、そ

続きを読む

夕焼けさくら

   雨上がり、

   わぁ!きれいな夕焼けだよ、さくら!

 

   土手の上、行ってみようよ

「・・・は・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    燃えるようだねぇ、お空。

「・・・も・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      さくらは、今日は

      調子、いいみたいです。

 

      よろよろしながらも進みます。

「・・・はっ・・・・はっ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      あれ、見てごらん

「・・・ん・・・?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      あの雲、ほら

      さくらが首もたげているみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・」

 

 

    さぁ、もうすぐお家だよ

    がんばって

続きを読む

プロフィール

だんなはん

Author:だんなはん
犬達やあひるとの生活を写真でつづっています。

登場犬は


あんこ(パグ9歳の女の子)
かん(ジャックラッセルテリヤ系ミックス7歳の男の子)
ごんべ(パグ11歳のおじさん)
ちょうすけ(ミックス15歳のじいさん)

…天に召された子たち
ちゃぼ(ミックス2008年6月召天)
むっくー(ピレネー犬ミックス2011年4月召天)
ちゃっぴー(テリヤ系ミックス2012年4月召天)




そして、
里親募集の子
 りんす(ハスキー系ミックスの4歳くらいの女の子)

登場あひるは

があ(12歳女の子)

です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。